2008年10月10日

鍼灸師

久しぶりに、ブログの書き込みをします。此処で開業をしてから周りにも随分と同業者が増えています。それは、私にとっても又患者さんにとっても大変良いことだと思っています。何故かと言うと患者さんの立場から謂うと、選択する所がそれだけ増えてくるからです。鍼灸指圧マッサ-ジ師の資格と謂うものは、晴眼者(せいがんしゃ)も視力障害者も同じ資格・免許です。専門学校又は盲学校の専門課程で勉強する内容は、大差無いと思いますが、免許収得後の勉強とか経験で、鍼の遣い方、あるいは指圧マッサ-ジの仕方に違いが出来るからです。平成19年度の鍼師資格収得者は4347人・灸師は4344人。是だけの数の鍼灸師が誕生しているのです。新人の鍼灸師が誕生し又廃業する鍼灸師も居るのですが資格が必要な職業は多々有りますが、資格が有れば生活するに必要な金額を得る事が出来ると訳では無く、患者さんが欲する技術と結果を出さなければなりません。同業の方々の努力を見ている私も、技術と知識を追求して行きたいと思う日々です。
posted by 博さん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。