2010年04月04日

失語症の鍼(のぞみさんへ)

のぞみさんの質問に対して、返答致します。直にメ-ルを送ろうとしましたが、巧くいかないので此処でいたします。失語に対する鍼治療は、学生の貴方が、鍼を目的の処まで正確に刺すことができるならば、可能です。天柱・風池・唖門(此処への鍼が一番重要・深さは3cm以内1cm以上・体格による為・方向は座位で水平より少し斜め下)上廉・他には肩周辺のコリを探し緩めること・以上です。是非試して下さい。お父上の快復を祈ります。
posted by 博さん at 09:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご回答ありがとうございます。

天柱・風池・唖門は先月に学校の実技試験で出された経穴でした^^;
唖門がポイントになるんですね。

まだ鍼を打つ技術に自信がないので、少し練習をしてから是非父へ試してみようと思います。

肩周辺は確かにコリがひどいです。定期的にマッサージをするようにしているので、今後もその辺りを確認しながら続けていこうと思います。

メールもちゃんと届いていました。
ありがとうございました。
Posted by のぞみ at 2010年04月04日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。