2013年04月29日

小児鍼治療

沼津市で開業してから、40有余年経ちました。開業当時と比べると周りの住宅環境とか同業者の増加等
随分と変化がみられます。当時に比べるとマンションが沢山建ち、コンビニエンスストアが各種競合し
大型のショピングストアチェーン等も出来ました。代わりに小売りの商店が次々と無くなっています。
私の周りにも、同業の治療院の他に接骨院・整体・カイロプラクティック等随分と増えました。
今日は、小児鍼治療の事を書きます。小児鍼とは刺さない鍼です箆状の金属を使い乳幼児の皮膚に刺激を
与えて効果だすものです。夜泣き・疳の虫・消化不良・食欲不振・下痢・等に効果があります。
2・3日連続で治療をして、1週間から10日経過を看てまた2・3日治療を行う方法です。
治療時間は、10分ほどで済みます。箆状の鍼で皮膚をこすり皮膚の色が赤くなればお終いです。
私が京都で修業中に覚えた鍼の技の一つです。関西では私達の業の看板には、はり・やいと(灸治療の事)
小児ばり・と書いて有るのが普通でした。関東周辺では、やいと・小児鍼と書いて有る看板をが見た覚えが
有りません。鍼治療は肩こり・腰痛だけで無く神経痛・頭痛・むち打ち症・花粉症にも効果は有ります。
整体・カイロプラクティックの業者はいろいろ看板に色々と効能を書いて居ますが、私達(鍼灸マッサージ師)は、法律で効能効果・治療代金等を看板に書き込む事を禁じられています。
posted by 博さん at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。